豊胸手術の術式

豊胸手術には様々な方法があります。メスを使わないプチ整形や、ご自身の余分な脂肪を使った豊胸術、大きなバストアップをはかれるインプラントを使った豊胸術。そのインプラントを胸のどの深さに移植させるか、という各種術式。それらの中からカウンセリングにより、医師が的確な豊胸方法を提案します。

人工乳腺法

術式が「大胸筋下法」と「乳腺下法」に分かれます。

ファーストビューティクリニック銀座が手術で使用するインプラント(=プロテーゼ)素材にはFBC特製の高い柔軟性をもつ「ハイドロジェルバッグ」「シリコンジェルバッグ」などでバストアップします。

大胸筋下法

大胸筋下法とはワキの下を2~3cm切開し、大胸筋という膜の下にスペースを作り、バッグを挿入します。切開部の傷あとはワキの下の深いシワに沿ってますのでほとんど分かりません。

乳腺下法

乳腺下法は乳腺の下にバッグを挿入するバストアップ方法です。元々ある程度胸のある方や、授乳後少し垂れてしまった感じのある方に適応されます。

人工乳腺法の詳細

自己脂肪注入法

 脂肪注入法とは脂肪吸引でご自身のお腹や足などから脂肪吸引した脂肪を採取し、バストアップのために注入する方法です。

この方法のメリットは脂肪を取り除くことで気になる場所を細くでき、バストも大きく出来る点にあります。なにより、自分の脂肪を使うという安心感があります。しかし、脂肪が生着する量が20~60%と低めである為バストアップに必要なだけの脂肪が取れる方に限られます。

自己脂肪注入法の詳細

プチ豊胸(バイオ・アルカミド注入法)

 メスを使わないプチ豊胸です。

バイオ-アルカミドは今までのプチ整形に使われていた、いつかは吸収消失してしまうであろうヒアルロン酸やコラーゲンとは違い、定着率も高く、従来のアクアジェルと比べ広がりにくいといった性質があります。そのような性質からも、バイオ-アルカミド注入法はたいへん有益性が高いと言えます。施術後の腫れもほとんどありません。

プチ豊胸(バイオ・アルカミド注入法)の詳細

その他の豊胸手術

ファーストビューティクリニック銀座には”大きくしたい”というお悩み以外に、バストが大きすぎる、バストが垂れてしまったなどのご相談や、乳頭・乳輪に関するご相談にも適切な治療方法をご提案しております。

その他の豊胸手術の詳細