豊胸手術用語集

大胸筋下法

大胸筋下法は、脇の下を1~3センチ小切開し、そこから胸の方に向かって大胸筋の膜の下にスペースポケットを作り、豊胸用のバッグを挿入する方法です。ワキの下の自然に存在するシワに沿って小切開するため、傷跡はほとんどわかりません。

メール相談・カウンセリングご予約